入荷情報

写真:寫楽 純米吟醸 無濾過生

寫楽 純米吟醸 無濾過生

¥3,880.-(1.8L、税込)

¥2,160.- (720ml、税込)

福島県会津若松市の「宮泉銘醸」より“寫楽 純米吟醸 無濾過生”が新入荷。

会津の歴史を今に伝える鶴ケ城。そのすぐ北側に昭和29年より蔵を構えるのが「宮泉銘醸」。創業以来『酒造業は、消費者に満足される商品を造るのが本来の責任』を心がけ、消費者の声に常に耳を傾ける酒造りを為してきました。そんな中、現社長の宮森義弘氏が自ら米作り、酒造りの先頭に立ち、平成19年に立ち上げた銘柄が“寫樂”。

今回、入荷してきました“寫楽 純米吟醸 無濾過生”は、定番の純米吟醸の"無濾過生"バージョン。蔵元の情熱溢れる『愛情』を注ぎ込みんだ1本。『米を愛し、酒を愛し、人を愛す。みなさまに愛される酒を目指します。』とは、誠実さ溢れる蔵元の弁。飲み口はしぼりたてのフレッシュ感と、果実系の含み香がとても特徴的な1本に仕上がっています。米の旨み・甘みがバランス良く広がり、それでいてスーーーッと切れる後味は、“寫樂 ”に共通する特徴といえるでしょう。フレッシュでコクがあり、キレがよくて柔らかい。4拍子揃った様々な料理に合う究極の食中酒です。

写真:鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 荒走り押切り合併

鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 荒走り押切り合併

¥3,740.- (1.8L、税込)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 荒走り押切り合併”が新入荷。

明治5年(1872年)創業の「小林酒造」は、製造石数約1200石。″鳳凰美田”という酒名は、蔵が日光連山からの豊富な伏流水に恵まれた美田(みた)村という関東平野の良質な米の産地にあったことから命名されました。

兵庫県西脇産の〈山田錦〉を40%まで磨き上げた純米大吟醸酒の無濾過本生。搾りの工程で最初に垂れてくる『荒走り(あらばしり)』と、で最後に搾りきった部分『押し切り』を絶妙な配合でブレンドした限定酒です。特に『押し切り』は、様々な味わいを感じる部分で、その使いようによっては、両刃の剣となりえます。それだけに、「小林酒造」の仕込みのレベルの高さを見る上で、そしてそのブレンド能力の高さを感じる上で、最高の指標となり、お酒に深みを与えています。

“鳳凰美田”の中では穏やかな香り。程よい旨みとやさしい甘さのバランスが身体に染み渡る1本です。

写真:吉田蔵u 石川門 生酒

吉田蔵u 石川門 生酒

¥3,740.- (1.8L、税込)

¥1,870.- (720ml、税込)

石川県白山市の「吉田酒造店」より“吉田蔵u 石川門 生酒”が新入荷。

吟醸王国、石川県を代表する名醸酒“手取川”。“酒舗よこぜき”でも特別限定酒の“大吟醸生あらばしり 男の夢”が定番酒として、高い人気を得ています。その“手取川”より、とても興味深い新シリーズとしての“吉田蔵u”が新登場!

能登杜氏の熟練の技《伝統》×次世代の感性と情熱《モダン》を基本的な考えとして、低アルコール原酒の爽やかで優しいお酒として醸されたのが、こちらの“吉田蔵u”。①徹底的なテロワール ②独自製法のモダン山廃 ③持続可能性の実施 という3つの構成要素を軸に据え、飲み手の方々に末長く愛され、お楽しみ頂けることを主眼に醸しています。

こちらの使用米は、地元産の〈石川門〉。やさしい甘みと爽やかな酸味がキュンと響きます。フレッシュ感を追求した独自の瓶詰め方法にて、微かなガス感を実現。自然界の乳酸菌の力を借りて、原酒でアルコール度数13%という、料理に寄り添うきれいなお酒に仕上がりました。“u”は感じで優しいの“優”。フレッシュ感も残しつつ、やさしさを前面に出した新世代の“手取川”。生酒での発売は、この時期のみとなります。

写真:風の森 25周年記念 未来予想酒II 真中採り

風の森 25周年記念 未来予想酒II 真中採り

¥2,970.- (720ml、税込)

奈良県御所市の「油長酒造」より“風の森 25周年記念 未来予想図II 真中採り”が新入荷。

先代である12代・山本長兵衛が、『地元の〈秋津穂〉米を使って出来上がった、搾りたてそのままのお酒を、地元の方に楽しんでいただく』という思いを具現化し、産まれた“風の森”。その名の由来は、まさに〈秋津穂〉米を育む田圃が広がる風の森峠。『風の神様=シナツヒコ』をお祀りした、風の森神社が鎮座する聖なる地です。その“風の森”の誕生は1998年。進化し続ける“風の森”は、多くの方に愛され、今年25周年を迎えることができました。

その25周年を記念した、“風の森 25周年記念 未来予想図II 高温発酵の世界”。これから先、25年後の“風の森”をイメージ。テーマは”高温発酵の世界”。「油長酒造」で2021年にスタートした"水端1355"では、1355年に書かれた“御酒之日記”という文献を参考に、夏季醸造、高温発酵の酒造りを再現していますが、この経験から得た技術により“風の森”を醸しました。

お米のよく溶ける高温発酵の特徴を活かし、精米歩合90%の〈秋津穂〉を使用。お米から得られるミネラルやエネルギーを上手にバランスし、旨みや酸味、少しの苦味といった、複雑性があいまって、魅力的なお酒に仕上がっています。あえて低精米のお米を用い、大地のエネルギーを表現することで、一層豊かな深みのある日本酒を醸すことができる時代が25年後にはできるのではないか、と未来予想した“風の森”。今回は、その“真中採り”という贅沢な1本。ぜひ、25年後の姿に思いを馳せつつ、お楽しみいただきたい逸品です!

写真:磯自慢 純米吟醸 生酒原酒

磯自慢 純米吟醸 生酒原酒

¥5,412.- (1.8L、税込)

静岡県焼津市の「磯自慢酒造」より“磯自慢 純米吟醸 生酒原酒”が新入荷。

お待たせしました、年にいちどの限定入荷。“磯自慢 純米吟醸 生酒原酒”の新入荷です。

口中に広がる吟醸香、丸みある味わい。香り、味のバランスとれた純米吟醸酒です。まさに静岡吟醸のあるべき姿、静岡を 代表する、いや日本を代表する“純米吟醸 生酒原酒”といっても過言ではない素晴らしい日本酒です。美味しいお酒に言葉はいりません。皆さんご自身の五感で感じて頂ければ幸いです。

飲み手を魅了し続ける高い酒質と、それを生み出し再現し続ける造り手の意思、その意思を具現化する 卓越した設備、どれをとっても日本を代表する蔵元「磯自慢酒造」の自信の逸品です。ぜひとも、心行くまでその味わいをご堪能ください。

写真:庭のうぐいす 純米吟醸 あらばしり

庭のうぐいす 純米吟醸 あらばしり

¥3,520.- (1.8L、税込)

福岡県久留米市の「山口酒造場」より“庭のうぐいす 純米吟醸 あらばしり”が新入荷。

筑後川のほど近くに蔵を構え、近年、熱狂的なファンも数多い“庭のうぐいす”を醸し続ける「山口酒造場」。12月には今年の“庭のうぐいす”の第一弾として“特別純米しぼりたて”、そして第二弾として“純米吟醸中汲み”が入荷していますが、こちらは第三弾の“純米吟醸 あらばしり”。

“あらばしり”は麹米に〈山田錦〉、掛米に〈夢一献〉を使用。米のうまみを十分に引き出すため、麹は総ハゼ。あらばしりらしいフレッシュで雑味のない酒質を目指し、やや短期でのモロミ経過を取り、狙った酒質を実現しました。上品な果実のような香りと、口の中で粗さ感じる辛口から、まろやかな旨味、そして張りのある酸への変化の妙が、日本酒の世界のおもしろさを十分に感じさせてくれます。

もちろん、冬の味覚との相性は抜群!料理の味を一層ひきたててくれること請け合いの1本。夕食のお伴に、ぜひ隣に置いておきたい逸品です!

写真:秋鹿 純米吟醸槽搾直汲 超辛口

秋鹿 純米吟醸槽搾直汲 超辛口

¥3,740.- (1.8L、税込)

¥2,035.- (720ml、税込)

大阪府能勢町の「秋鹿酒造」より“秋鹿 純米吟醸槽搾直汲 超辛口”が新入荷。

「秋鹿酒造」のある能勢町は、大阪府の最北端。兵庫篠山、京都亀岡と境をなす、標高250mの山里です。夏は昼夜の気温差が10℃以上ある酒米栽培の好適地であるとともに、冬の厳寒期には、零下10℃近くにまで下がるという、酒造りにはもってこいの地域といえます。

こちらの“秋鹿 純米吟醸槽搾直汲 超辛口”は日本酒度+16。モロミ日数30日におよぶ長期低温発酵のなせる技です。単なる辛口ではなく旨み成分であるアミノ酸と輪郭のある酸が、大変バランスよく、しっかりした飲み応えが感じられ、なおかつ爽快にキレるお酒に仕上がっています。

〈山田錦〉特有の旨みある超辛口。数ある“秋鹿”の中でも、非常に個性ある1本といえるでしょう。『一貫造り』の蔵、“秋鹿”の奥深さが感じられる仕上がりです。

写真:一白水成 純米大吟醸

一白水成 純米大吟醸

¥3,520.- (720ml、税込)

秋田県五城目町の「福禄寿酒造」より“一白水成 純米大吟醸”が新入荷。

“酒舗よこぜき”でも、すっかり定番として、揺らぐことなき座を築いている“一白水成”。その「福禄寿酒造」から、満を持して登場してきたのが、こちらの“一白水成 純米大吟醸”です。

「福禄寿酒造」は五城目町酒米研究会とともに、田植えから稲刈りまで圃場の状態を研究、共有し、毎年出来上がったお米を醸造試験場にて分析、そのデータを収集しています。八郎潟にも近い五城目町はもともと米の産地としても優秀ですが、酒米研究会の米の質は、積年の努力により年々上がり、今や全国でもトップクラスの酒米生産地と誇れるようになりました。

今回の“一白水成 純米大吟醸”は、全量に五城目町産の〈酒こまち〉を使用。これを贅沢に35%に精米。〈秋田県酵母〉で仕込んだ純秋田産のお酒。蔵元が絶対の自信を持って仕込んだ渾身の1本です!

写真:喜平 純米吟醸誉富士 新米新酒

喜平 純米吟醸誉富士 新米新酒

¥3,106.- (1.8L、税込)

静岡県静岡市の「静岡平喜酒造」より“喜平 純米吟醸誉富士 新米新酒”が新入荷。

「静岡平喜酒造」は、静岡県内で最も新しい酒造会社。とはいえ、その歴史は古く、県内最大手の酒類食品卸売会社である「平喜」は、創業者の戸塚喜平氏が 明治時代に静岡県の掛川市で米穀商を営み、その後酒類業へと転じたことから始まります。お酒に詳しい方は“喜平”と聞くと、岡山の「平喜酒造」を思い浮かべるかもしれませんが、掛川にて興した「平喜」は、より良い酒造りの環境を求め岡山県へと移転。この地にて「平喜酒造」は成長を遂げますが、時を経て温暖な静岡でも上質な酒造りが可能となり、創業の地・静岡での酒造りを実現。本社敷地内に、平成23年に創業したのが「静岡平喜酒造」です。

原料米には静岡県産の〈令和誉富士〉を全量に使用。「静岡平喜酒造」では定番の酵母として使っている静岡酵母〈HD-1〉を使用。500kgの小仕込みで醸し、搾り工程でも極力圧をかけず丁寧に搾りました。穏やかでふくよかな香り、口中でのシャープな透明感と、後口のやわらかさ。静岡酒らしさの中に、しっかりとした意志を感じる“喜平”。ふるさと・静岡の山、水、風土を大切に感じつつ、「静岡平喜酒造」の持ちうる技術の粋を詰め込んだ逸品です。静岡県内はもちろん、ぜひ県外の方にも知っていただきたいお酒です!

写真:百年の孤独チョコレートボンボン

百年の孤独チョコレートボンボン

¥3,240.-(6個入り、税込)

宮崎県高鍋町の「黒木本店」の“百年の孤独チョコレートボンボン”が新入荷。

伝統を受け継ぎ、革新を続ける「黒木本店」。その代表作“百年の孤独”は、作家ガルシア・マルケス氏の小説から名付けた逸品。その芳醇で甘美な香りと旨みが特徴の樽貯蔵麦焼酎‟百年の孤独”を手造りチョコレートで包み込んだ、手造りチョコレートボンボンが入荷してきました。

こちらのチョコレートボンボンを制作したのは、フランス・パリと福岡にお店を構える"Les 3 chocolats PARIS"の佐野恵美子氏。“百年の孤独”と天然バニラ、マダガスカルカカオのガナッシュと爽やかなレモンと上質な”百年の孤独”が香るチョコレート、そして高鍋町産の麦の実を使ったプラリネの3種。どれもチョコレートの持つビターな香りと‟百年の孤独”の芳ばしい香りが絶妙にマッチしたやさしい旨みが秀逸です。

プレミアムな麦焼酎とチョコレートの特別な出会い。たいせつなあの人への贈答用にもお勧めです。ぜひ、みなさんの特別なひとときにお楽しみください。