入荷情報

写真:乾坤一 純米吟醸 酒未来

乾坤一 純米吟醸 酒未来

¥3,850.- (1.8L、税込)

¥2,090.- (720ml、税込)

宮城県村田町の「大沼酒造店」より“乾坤一 純米吟醸 酒未来”が新入荷。

土蔵造の商家の建ち並ぶ町並み、宮城県柴田郡村田町は、古来から『みちのくの小京都』とも呼ばれる歴史ある町。かつては伊達家の直轄地でもあり、また蔵王山麓のふもとに位置し、泉韻豊かな自然に恵まれた地でもあります。「大沼酒造店」は、この地で正徳二年(1712年)より酒造りを業とし、以来300年余り、真剣に美酒の在るべき姿を追い求め、妥協を許さぬ酒造りに邁進しています。

こちらの“乾坤一 純米吟醸 酒未来”は、 たいへん希少な酒米でもある 〈酒未来〉を50%精米し、仕込んだ純米吟醸酒。そのインパクトある名前が印象的な〈酒未来〉。山形県村山市の「高木酒造」の高木辰五郎社長が18年の歳月をかけ、交配から育成までを手掛け、開発した酒造好適米であり、〈龍の落とし子〉、〈羽州誉〉とあわせ、3兄弟のお米になります。

実は「大沼酒造店」では、今年“不二正宗”銘柄でも〈酒未来〉を仕込み、すでに“酒舗よこぜき”でも大変好評をいただいています。“不二正宗”では酵母に〈小川酵母〉を用い、生のジューシーさと果実味のある香り、酒単体で飲んで美味いお酒を意識しました。それに対し、こちらの“乾坤一 酒未来”では、あくまで食事と合わせることを意識し、香りは控えめ。ファーストタッチの柔らかさと後味の爽快なキレを楽しめる、上質な味わいに仕上がっています。

同じ蔵元より、ふたつの相異なる〈酒未来〉の純米吟醸。2本を飲み比べてよし、シチュエーションに合わせて使い分けてもよし。「大沼酒造店」の懐の深さを、ぜひお楽しみください!

写真:鳳凰美田 日光〜NIKKO〜生酛仕込み純米吟醸酒 無濾過本生

鳳凰美田 日光〜NIKKO〜生酛仕込み純米吟醸酒 無濾過本生

¥3,960.- (1.8L、税込)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 日光〜NIKKO〜生酛仕込み純米吟醸酒 無濾過本生”が新入荷。

創業明治5年(1872年)。2022年には、創業150周年を迎える、栃木を代表する蔵元「小林酒造」。小林専務の熱い情熱と、工業技術センター醸造部にて活躍していた奥様の2人の才能が結集。さらに蔵人それぞれの高い意欲により、平成の銘酒として、全国でも指折りのお酒に躍進してきました。

今回発売となるのは、日光街道に蔵を構え、長い歴史の中で日光と関わり、沢山の恵みを戴いてきた恩返しとして醸した1本。日光の名には、日本の安泰、恒久平和をも守る『八州(はっしゅう)の鎮守と成らん』という思いが込められており、現在の日本のおける状況を鑑み、強い気持ちを持って命名したそうです。使用米は、酒造好適米〈夢ささら〉。酒米の王様である〈山田錦〉を母に、そして病気に強い〈T酒25〉父に、栃木県農業試験場が2005年より育成を開始した品種。その後、10年以上かけて改良を重ね、2018年2月に正式に品種登録された栃木の誇る酒米。それを伝統的な生酛造りで仕込みました。“鳳凰美田”らしく、とてもジューシーで、穏やかな果実香のような香りが感じられる味わいが特徴。“鳳凰美田”の真骨頂ともいえる1本です。

写真:秋鹿 純米多酸 槽搾直汲 雄町

秋鹿 純米多酸 槽搾直汲 雄町

¥4,015.- (1.8L、税込)

¥2,200.- (720ml、税込)

大阪府能勢町の「秋鹿酒造」より“秋鹿 純米多酸 槽搾直汲 雄町”が新入荷。

あまり耳慣れない〈協会28号〉という酵母を使用し、醸した奥社長自信の1本。こちらの酵母、日本醸造協会のHPをのぞくと、『リンゴ酸高生産性多酸酵母』なんていう言葉で紹介されていますが、名前のとおり酸を多く生成する日本酒用酵母。特に爽快感を際立たせるリンゴ酸を多く生み出し、その酸度はなんと3.7!! はっきり言って、爽快に酸っぱいお酒となっているのですが、対して日本酒度は-11というとても甘口の味わいに。つまり甘くすることで高い酸度との調和を、非常に微妙なバランスで図っているんです。

香りは穏やか。ほんのり香ばしく南国を感じさせるような側面も。口当たりは瑞々しく軽快。甘みはありますが、爽やかなリンゴ風の酸味がしっかりと感じられ、上品な甘酸っぱさが心地よく感じます。

ちなみにお米は、自営田にて栽培された〈雄町〉を全量に使用。アルコール度数も15°と低めの仕上げで、飲み心地もよく、食事をより引き立てるお酒として楽しめます。

写真:ゆきの美人 超辛純米吟醸山田錦 6号酵母

ゆきの美人 超辛純米吟醸山田錦 6号酵母

¥3,850.- (1.8L、税込)

¥1,980.- (720ml、税込)

秋田県秋田市の「秋田醸造」より“ゆきの美人 超辛純米吟醸山田錦 6号酵母”が新入荷。

全国でも有数の酒どころとして古くから知られる秋田県。その中心である秋田市の、そのまた中心に位置するのが「秋田醸造」。一見、本当に酒造りをしているのか、と疑ってしまいそうな蔵の外見。しかし、その蔵内には最新の醸造技術と伝統に培われた人の手による経験が絶妙にマッチングし、レベルの高いお酒が醸されています。

今回は全量〈山田錦〉を使用し、6号酵母で仕込んだ純米吟醸。「秋田醸造」から6号酵母の発祥蔵の「新政酒造」とは、歩いて5分とかからないほどの距離。秋田の意欲的な蔵元集団「NEXT5」の仲間でもある2人は常に技術交流をしており、そんな流れから生まれたのがこちらのお酒。

〈山田錦〉の良さを十分に引き出しつつ、日本酒度+18の超辛口に仕上げた1本。キレのある味わいと滑らかな酸味が、飲み手を“ゆきの美人”ワールドへと誘ってくれる、すばらしい食中酒といえます。

写真:庭のうぐいす 特別純米中汲み

庭のうぐいす 特別純米中汲み

¥3,080.- (1.8L、税込)

福岡県久留米市の「山口酒造場」より“庭のうぐいす 特別純米中汲み”が新入荷。

天保3年(1832年)の創業以来、幾多の困難を乗り越えて良酒を醸し続ける「山口酒造場」。近年では、平成3年の二度の台風により、壊滅的な打撃を受け、酒蔵の移転まで考えましたが、やはり江戸時代から慣れ親しんだ水と空気には代えられないと断念。これを機に、造りを大幅に小型化し、原料である米、水、造り手の特徴が出易い造りを信条としています。

こちらの“庭のうぐいす 特別純米中汲み”は、搾ったばかりのピチピチとした特別純米酒の中汲み(オリの絡んでいない、透明な部分。香味のバランスにすぐれている)を瓶に詰め、そのまま蔵出し。フルーツのような香り、跳ねるような飲み口は、冬季限定のお楽しみ。

控え目な甘さとほんのりひろがるジューシーな味わいは言葉では言い尽くせません。ぜひ、今の時期に味わっていただきたい1本です。

写真:大那 純米吟醸 東条産山田錦 無濾過生酒

大那 純米吟醸 東条産山田錦 無濾過生酒

¥4,070.- (1.8L、税込)

¥2,090.- (720ml、税込)

栃木県大田原市の「菊の里酒造」より“大那 純米吟醸 東条産山田錦 無濾過生酒”が新入荷。

創業は慶応2年(1866年)。那須高原の南端、のどかな田園地帯のど真中に位置する「菊の里酒造」。 大いなる那須の大地が育てた豊穣なバックグランド、米、水、土、地域性をいつも大切にし、それを日本酒という形で伝えたいという阿久津信社長兼杜氏の熱い想いから、酒銘“大那”は生まれました。

こちらの“純米吟醸 東条産山田錦”は、〈山田錦〉の主産地である兵庫県のなかでも特に品質が良いと言われる東条町(現・兵庫県加東市東条町)松沢地区の契約栽培特A〈山田錦〉を使用したお酒。醸すお酒の多くを、蔵の地元である栃木県那須産の酒米で醸す“大那”。その味わいをどこまで極められるのかという思いから、例年少量ながら最高級の〈山田錦〉で醸す“純米吟醸”です。〈山田錦〉が秘める、ふくらみのある甘みと旨みが十分に表現されている1本。より高みを目指す“大那”の挑戦。その意気込みを端々に感じられるお酒です!

写真:日高見 純米 渡船2号

日高見 純米 渡船2号

¥3,190.- (1.8L、税込)

¥1,595.- (720ml、税込)

宮城県石巻市の「平孝酒造」より“日高見 純米 渡船2号”が新入荷。

先日の“純米 山田穂”に続き、「平孝酒造」平井社長の念願の夢であった〈山田錦〉の系譜を辿る酒米シリーズ第2弾、それが“渡船2号”。

〈渡船2号〉は〈山田錦〉の父親。酒米〈渡船〉の選抜品種の中でも、背丈の短い品種であり、〈渡船2号〉とよばれます。 非常にしっかりとしたボディーを感じ、飲み応えのある逸品。その太い味わいと“日高見”らしいキレイな酒質があいまって、すばらしいハーモニーを奏でています。

平井社長曰く『〈短稈2号〉と〈山田穂〉、飲み手自身がそれぞれのブレンドを楽しんでもらえれば』とのこと。なるほど父親と母親をブレンドすれば〈山田錦〉となりますね!遊び心をくすぐります。年に1度の限定商品。ぜひお見逃しなく!

写真:一白水成 純米吟醸 酒未来

一白水成 純米吟醸 酒未来

¥3,960.- (1.8L、税込)

¥2,090.- (720ml、税込)

秋田県五城目町の「福禄寿酒造」より“一白水成 純米吟醸 酒未来”が新入荷。

創業は元禄元年(1688年)。320年以上の歴史を持つ「福禄寿酒造」。蔵元である渡邉家の祖先は、もともと石川県の松任市に住んでいたようですが、安土桃山時代に起きた一向一揆攻めにより、この地へと移住。その後、酒造りをはじめました。

こちらの“一白水成 純米吟醸 酒未来”は、酒造好適米〈酒未来〉を全量に用い、醸した1本。山形県村山市の「高木酒造」の高木辰五郎会長が18年の歳月をかけ、交配から育成までを手掛け、開発。酒造好適米〈龍の落とし子〉、〈羽州誉〉とあわせ、3兄弟のお米になります。

ジューシーな中に透明感のあるきれいな口当たり、甘みがふくよかな広がりつつ、余韻はシャープにスキッとキレる。味わいのリズム、バランスよく、ケレンミのない、一本筋の通った純米吟醸酒です!

写真:鳳凰美田 別誂至高 大吟醸原酒

鳳凰美田 別誂至高 大吟醸原酒

¥11,000.- (1.8L、税込)

¥5,500.- (720ml、税込)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 別誂至高 大吟醸原酒”が新入荷。

明治5年(1872年)創業の「小林酒造」は、製造石数約1200石。″鳳凰美田”という酒名は、蔵が日光連山からの豊富な伏流水に恵まれた美田(みた)村という、関東平野の良質な米の産地にあったことから命名されました。

兵庫県西脇産の特Aクラスの〈山田錦〉を35%まで磨き上げ、ゆっくりと醸した逸品。瓶燗にて火入れ、大切に氷温貯蔵されました。いわゆる全国新酒鑑評会出品酒と同じ造りとなります。華やかで広がりのある上品な香り、なめらかで溶けるような旨み。口に含んだ瞬間にはっきりと分かるやさしい美味しさが表現されています。

濾過等の処理は一切行っていない為、グラスに注ぎ、ゆっくりと空気に触れさせて、常温に近い状態に温まると、大吟醸だけにしか纏えないふくらみ、お米の優しさ、香り、質感など日本酒の素晴らしさを十分に堪能することができます。

写真:雨後の月 純米大吟醸雄町 ブラックムーン

雨後の月 純米大吟醸雄町 ブラックムーン

¥4,070.- (1.8L、税込)

¥2,035.- (720ml、税込)

広島県呉市の「相原酒造」より“雨後の月 純米吟醸雄町 ブラックムーン”が新入荷。

全国でも指折りの酒処として知られる広島県。その瀬戸内海沿岸の良港、仁方の地で創業以来、常なる品質の改善と丁寧な酒造りで良酒を醸し続ける「相原酒造」より毎年人気の“雨後の月 純米吟醸雄町 ブラックムーン”が新入荷。

麹米、掛米ともに酒造好適米〈雄町〉を使用し、大吟醸の造りと同様に低温発酵させて醸しました。穏やかな吟醸香と上品で張りのある味わい、さらにふくよかな奥行き感があり、旨みが凝縮された美味しさが心の奥底から感じられます。

今年の3月に蔵元を訪れた際に、非常にインパクトある、レベルの高い仕上がりに驚いたのがこちらの“ブラックムーン”。全国でも限られた特約店のみで発売される限定商品、700本のみの出荷となります。落ち着きある酸と“雨後の月”らしい後味。“雨後の月”の旨さ、よさを詰め込んだ逸品です。