酒舗よこぜきWeb Siteへ
2017年12月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のエントリー
最近のコメント
兵庫県東条町の〈山田錦〉圃場を見学!
└ 田中愛理 at 2017.10.23
└ 酒舗よこぜき at 2017.10.24
コカ・コーラさわやかギフト巻
└ たっちゃん at 2015.02.08
└ 酒屋ワカダンナ at 2015.02.09

└ toshinori.saito at 2014.02.16
└ よこぜき at 2014.02.18
最近のトラックバック
TB:
Lara croft porn mummy
from Lara croft porn mummy
TB:
Hegre caro
from Hegre caro
カテゴリー
倉庫
2017年12月 [2]
2017年11月 [3]
2017年09月 [1]
2017年08月 [1]
2017年07月 [2]
2017年06月 [2]
2017年05月 [3]
2017年04月 [6]
2017年02月 [1]
2016年12月 [3]
2016年11月 [3]
2016年10月 [10]
2016年09月 [4]
2016年01月 [1]
2015年12月 [1]
2015年10月 [1]
2015年07月 [1]
2015年05月 [1]
2015年04月 [1]
2015年03月 [1]
2015年02月 [1]
2015年01月 [1]
2014年12月 [2]
2014年11月 [1]
2014年10月 [4]
2014年09月 [2]
2014年08月 [1]
2014年06月 [1]
2014年04月 [2]
2014年03月 [1]
2014年02月 [4]
2013年12月 [2]
2013年11月 [1]
2013年10月 [2]
2013年09月 [3]
2013年08月 [4]
2013年06月 [2]
2013年03月 [3]
2013年02月 [5]
2013年01月 [1]
2012年12月 [4]
2012年11月 [2]
2012年09月 [3]
2012年08月 [5]
2012年07月 [1]
2012年06月 [1]
2012年05月 [3]
2012年04月 [5]
2012年03月 [1]
2012年02月 [5]
2012年01月 [3]
2011年12月 [3]
2011年11月 [2]
2011年10月 [1]
2011年09月 [5]
2011年08月 [4]
2011年07月 [5]
2011年06月 [6]
2011年05月 [6]
2011年04月 [4]
2011年03月 [7]
2011年02月 [2]
2011年01月 [5]
2010年12月 [6]
2010年11月 [2]
2010年10月 [5]
2010年09月 [3]
2010年08月 [3]
2010年07月 [2]
2010年06月 [3]
2010年05月 [3]
2010年04月 [5]
2010年03月 [3]
2010年02月 [5]
2010年01月 [5]
2009年12月 [5]
2009年11月 [2]
2009年10月 [3]
2009年09月 [5]
2009年08月 [4]
2009年07月 [1]
2009年06月 [2]
2009年05月 [7]
2009年04月 [2]
2009年03月 [5]
2009年02月 [4]
2009年01月 [3]
2008年12月 [6]
2008年11月 [5]
2008年10月 [4]
2008年09月 [4]
2008年08月 [5]
2008年07月 [5]
2008年06月 [5]
2008年05月 [5]
2008年04月 [6]
2008年03月 [13]
2008年02月 [9]
2008年01月 [7]
2007年12月 [9]
2007年11月 [6]
2007年10月 [7]
2007年09月 [10]
2007年08月 [12]
2007年07月 [9]
2007年06月 [13]
2007年05月 [15]
2007年04月 [10]
2007年03月 [11]
2007年02月 [11]
2007年01月 [7]
2006年12月 [11]
2006年11月 [9]
2006年10月 [14]
2006年09月 [9]
2006年08月 [13]
2006年07月 [9]
2006年06月 [12]
2006年05月 [10]
2006年04月 [16]
2006年03月 [11]
2006年02月 [9]
2006年01月 [9]
2005年12月 [16]
2017年12月31日

2017年、本当にありがとうございました [ かんがえごと ]

本年も“酒舗よこぜき”、またワタクシの拙いブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。
今年は、自分自身いろいろと勉強させられることの多い年となりました。
 
振り返ってみると、2017年は様々なできごとがあり、いろいろな出会い、そして別れもあった年でした。
これを更に来年に生かしていけるよう楽しみながら頑張りたいと思っております。
喜びや楽しみをいろんな人たちと共に分かち合えるよう・・・。
 
一年の締めくくりにふさわしい、今日も美しくおだやかなhometownの夕暮れ・・・。
明日から、またまた新しい年がはじまり、そして、またまたひとつ歳を重ねます。
 
それでは、2018年もいーことが、めいっぱいありますように。 
 
P1020794
本当に1年間、ありがとうございました。
今年も富士宮は、穏やかに1年の締めくくりを迎えております。。。
(写真:当店より徒歩5秒、裏の富知神社の夕景、本日17:00)
 
年末年始営業時間のお知らせ

年内は12/25(月)が最終の定休となり、12/27(火)以降は無休です。
1/1(月)~1/2(火)は営業時間が11時~16時となります。
1/3(水)~1/5(金)はお休みをいただきます。
6日(土)より通常営業となります。

 
2018年も“酒舗よこぜき”を、何卒よろしくお願いします。
美味しいお酒とともに、よいお年をお迎えください!

Posted by yokozeki at 17:25 | comment (0)
2017年12月29日

富士山女子駅伝に伴う交通規制について [ できごと, 富士宮 ]

さて、少々大げさなタイトルではありますが、 
明日の12/30(土)AMに行われます、“富士山女子駅伝 全日本大学女子選抜駅伝競走”にともなう
交通規制につきましてご連絡申し上げます。

富士山女子駅伝 全日本大学女子選抜駅伝競走
http://www.fujisan-joshiekiden.jp/

cats

近年、この時期の富士宮の恒例行事となっている、こちらの大会。
昨年より、コース変更により“酒舗よこぜき”の前もコースになり、選手たちが走ることとなりました。
これにより以下の時間帯、交通規制がかかります。

12/30(土) 9:40~10:15
※実際には、走路(道路)は選手が通過する3分程度前から交通規制となるそうです。

img_traffic01

基本的に選手が走る直前、直後以外は、通行または横断は可能とのことです。
スタート直後ですので、それほど交通渋滞等は無いかと思われます。
それでも、お出かけの際はご注意下さい。

もちろん店頭でランナーの応援が可能です。
大学女子のトップランナーの雄姿を、ぜひ買い物がてらご覧ください!
  
以上、交通情報センター“酒舗よこぜき”がお伝えしました(笑)。

Posted by yokozeki at 10:46 | comment (0)
2017年11月05日

赤池弘次さん [ かんがえごと, できごと ]

日々の検索で使用している“Google”。
僕以外にも、たくさんの方がお世話になっているのではないかと思います。


この“Google”のトップロゴ(トップ画面のロゴ)が、世界中の行事や記念日、または偉人の
誕生日などに、見慣れた“Google”のロゴがその日にちなんだロゴに変化しているの、ご存知の方も多いでしょう。

さて、さきほどお祭りから帰ってきた長男が、なんとなく“Google”で検索しようしていると、唐突に

「ねぇお父さん、このオッチャン誰?」

というので見てみると、こんなオッチャンがトップロゴになっていました。

1711051

んんん、誰やねん?
と思って、調べてみてビックリ!

このオッチャン知ってるで、富士宮の人やで!

ということでこのオッチャン、ではなく、この方。
赤池弘次さんについて、ご案内します。

赤池弘次

赤池 弘次(あかいけ ひろつぐ、1927年11月5日 - 2009年8月4日)は、日本の数理統計学者静岡県富士宮市に生まれ、海軍兵学校75期)、第一高等学校を経て、東京大学数学を専攻した。1952年、統計数理研究所所員。1962年同研究所第一研究部第二研究室長、1973年同研究所第五研究部長、1985年同研究所予測制御研究系研究主幹を経て、1986年から1994年まで同研究所所長を務めた。1970年代に確立した赤池情報量規準(AIC)で知られる。

主要な貢献
1960年代までに携わった時系列解析因子分析で得た知見をもとに、モデル選択のための一般的な手法である赤池情報量規準(AIC)を発表した。この手法はその後、モデル選択の標準的な手法として広く用いられるとともに、ベイジアンの枠組みへの拡張など多数の理論的発展を生んだ[1]。1974年の彼の論文 "A new look at the statistical model identification"[2] は工学・技術分野でもっとも多く引用される文献のひとつに数えられる[3]
1972年の著書『ダイナミックシステムの統計的解析と制御』[4]において統計モデルに基づくシステム同定システム制御の方式を提案し、PID制御に代わる現代制御理論の実用化の道を開いた。この方式は、セメントのロータリーキルン火力発電所最適制御[5][6]など、産業界の様々なシステムの効率化を導いた[3]

略歴
1952年:
東京大学理学部数学科卒業、統計数理研究所に入る(文部技官)。
1961年:理学博士号を東京大学より取得。論文の題は「間隔過程の統計的管理について」。
1962年:同研究所第一研究部第二研究室室長。
1973年:同研究所第五研究部長。
1985年:同研究所予測制御研究系研究主幹。
1986年:統計数理研究所長に就任し、平成6年任期満了により退職。
1988年:日本学術会議会員(-1991年)。
1989年:IEEEフェロー選出。
1994年:統計数理研究所及び総合研究大学院大学名誉教授
2009年:8月4日午前6時頃死去[8]
2010年:情報・システム研究機構東京都立川市国立極地研究所及び統計数理研究所敷地内に建設した共同研究者等のための長期滞在型施設が赤池にちなみ「Akaike Guest House」と命名される。

栄典
1989年:
紫綬褒章
2000年:勲二等瑞宝章

(wikipediaより抜粋)

ということで、地元・富士宮出身のスゴい方なんですね。
ところでなんで、僕がこの方を知ってるかというと、昨年、学生時代の友人が来日した時のこと。
彼女の旦那さんが、アメリカの大学の研究者で、日本で研究をするにあたり滞在していたのが、東京都立川市国立極地研究所及び統計数理研究所敷地内にある「Akaike Guest House」だったんですね。


ダウンロードphoto4

その「Akaike Guest House」へと、彼女の家族に会いに行って、僕たまたまも知ったわけで。
とにかく富士宮出身の、そんなスゴい方なんですよ。

地元出身の方が“Google”のトップロゴに選ばれるなんて、なんとなく嬉しいですね。
ほんとたまたまですが、気づかせてくれた長男にも、ちょっぴり感謝です。

Posted by yokozeki at 17:34 | comment (0)
2017年11月01日

“The Birth of Sake”上映会 [ お仕事, お酒 ]

先日、石川県白山市の銘酒“手取川”醸造元である「吉田酒造店」さんのドキュメンタリー映画“The Birth of Sake”の上映会にお招きいただき、行ってきました。

yjimage

監督は米国生まれの日本人エリック・シライ氏。
蔵人と寝食を共にしつつ、3年に渡ってカメラをまわした意欲作。
出演する杜氏、蔵人たちのカメラへの意識を超えたところに、厳しくもリアルな酒造りの現場を映し出しています。

22852050_10155778045637770_3803741411137578980_n

左から、主演の2人。吉田酒造店の吉田泰之専務、そして山本輝幸杜氏。
そして監督のエリック・シライ氏、プロデューサーの津村将子氏、音楽の海津賢氏、そして吉田酒造店・吉田隆一社長。

22859958_1391857784257875_3493177419055342249_o

最初は真剣勝負の酒造りの場に、カメラが入ることによる意識、軋轢が大変だったと語る吉田専務。
その意識を自然に溶かしたのも『和醸良酒』を旨とする山本杜氏の人心掌握だったといいます。
あらためて酒造りは『人』だなぁと思いました。

22829019_1391857824257871_3861920981809925405_o

こちら吉田社長は、「俺のシーン、ほとんどカットだった」と愛嬌たっぷりにご立腹(笑)。
さいごには「だから、いい映画になったんだ!」と妙な納得で、場を和やかに。
いつもながらに社長の人柄たっぷりのスピーチ。酒造りは『人』、ここにも息づいています。

22829813_1391857780924542_7876416468706358977_o

映画鑑賞後は、上映記念パーティー。
映画をみた直後に、“手取川”の酒造りの話をしながら呑む“Yasu Special”は、最高のひと言。
もういちど観たいという思いが、一盃ごとにつのります。

23032389_959957127475635_3278370775813594283_n

日本酒を妙な先入観なく、自然な視線でとらえたエリック・シライ監督だからこそ撮れた映画なのではないでしょうか?
美しい映像美と音で表現し、蔵人の等身大の姿にスポットを当てた心地よい映画。
そしてその中には、消えゆく杜氏制度や、日本の地方社会の抱える葛藤などもさりげなく描かれています。

本作品の主な受賞歴
・トライベッカ国際映画祭 2015 (New York,USA)
審査員特別新人監督賞
・ベンド国際映画祭 2015 (Oregon,USA)
最優秀ドキュメンタリー賞/最優秀監督賞
・パームスプリングス国際映画祭 (California,USA)
最優秀ドキュメンタリー賞
   ・北米、ヨーロッパ、アジアの国際映画祭で幅広く上映され、他にも数々の賞を受賞しています。

今期からはついに新杜氏となる吉田泰之専務。
今年の“手取川”がさらに楽しみなりました。素晴らしい映画をありがとうございます!
ぜひ、多くの上映、そしてDVD化をしていただきたい映画でした。

こちらは予告編。まずはご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=2K2bIAikUg4

Posted by yokozeki at 16:07 | comment (0)

“南部美人 特別純米酒” IWCチャンピオン・サケ受賞記念式典・祝賀会 [ お仕事, お酒 ]

今年7月にロンドンで開催された【IWC 2017(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)】では、岩手県二戸市の銘酒
”南部美人 特別純米酒”
が、1245銘柄の中から見事1位となる『チャンピオン・サケ』を受賞しました。
先日、その“南部美人 特別純米酒”の【IWC champion sake 受賞記念式典・祝賀会】にお招きを受け、
岩手県二戸市へと行ってきました。

22861519_1586951578014953_7769556692262131723_o

夢は叶う…という、久慈浩介社長の言葉から始まったIWC受賞記念祝賀会
無理と言われ、苦心に苦心を重ねた岩手県北部での酒米開発。南部杜氏との酒づくり、蔵人とのチームプレー、
そして家族の支え、、、地元二戸の皆さん、そして“南部美人”の皆さんの愛に溢れたお話の数々に目頭が何度も
あつくなりました。

22780188_1501037856655157_8244449706436088090_n

久慈社長が蔵に戻ってから、約20年。社長、そして蔵人のみなさん、さらには栽培農家の方々など地域一体となった
努力と熱意と郷土愛が、大きな大きな実となった瞬間でした。

22788719_756780224519852_5573472211417526696_n

『小さなまちの大きな挑戦』

地元の米で
地元の水で
地元の人で
地元の風土で

こだわり続けた20年。熱い気持ちがほとばしる、それでいて清々しい祝賀会でした。

22730312_1470667239653371_3325410436057696080_n

チャンピオンを受賞した“南部美人 特別純米酒”は、地元の岩手県二戸市で栽培された酒造好適米〈ぎんおとめ〉を
全量に使用した純二戸産のお酒。特別に出品用に醸したものではない、それでいて世界一に認められる実力のお酒。
もちろん“酒舗よこぜき”でも大人気のお酒です!

挑戦はまだまだ続きます!という久慈社長。

二戸の方々の熱い気持ちが詰まった“南部美人”。
これからの活躍、そして飛躍がさらに期待される記念式典&祝賀会でした!

Posted by yokozeki at 14:17 | comment (0)

© 2005 酒舗よこぜき