日本酒・焼酎・ワイン専門店 酒舗よこぜき
酒舗よこぜきトップへ戻る
取扱商品 日本酒一覧
焼酎一覧
ワイン一覧
入荷情報一覧
店主口上
店舗案内
発送について
お問い合せ
若旦那日記
若女将日記


有限会社よこぜき
〒418-0057
静岡県富士宮市朝日町1-19
TEL 0544-27-5102
FAX 0544-23-8888

酒舗よこぜき


入荷情報

山形正宗 純米吟醸雄町生 袋採り直汲み(2018年01月19日)

山形県天童市の「水戸部酒造」より“山形正宗 純米吟醸雄町生 袋採り直汲み”が新入荷。

DSC_4818  山形正宗 純米吟醸雄町生 袋採り直汲み【新入荷】
 ¥3,200.-(1.8L、税抜)

 全国の日本酒の中でも、たいへんレベルの高い
 山形県。その中においても、しっかりした味わいで
 人気が高いのが「水戸部酒造」の“山形正宗”です。

 その“山形正宗”の看板商品ともいえるのが、
 “純米吟醸雄町”!〈雄町〉米特有の酸と柔らかな
 旨みが心地よく感じられる、定番中の定番、そして
 逸品中の逸品といえる日本酒。その〈雄町〉の
 生酒が数量限定で蔵元より今年も出荷されました。

 『豊かな米の味わいと銘刀正宗の切れ』を
 めざす“山形正宗”らしく、ふくよかで柔らかい
 味わいを上品に引き出しながら、スパッと切れる
 豪快さを秘めています。しかもこのお酒は“袋採り
  直汲み”。袋採りによって滴りおちてくる雫を直接
 瓶詰め。400本のみ瓶詰めされた超限定商品です。

 数ある“山形正宗”の中でも、特におすすめの1本。
 銘醸蔵「水戸部酒造」、その実力飲んで測るべし!



紀土 KID 純米大吟醸 Shibata's be fresh!(2018年01月19日)

和歌山県海南市の「平和酒造」より“紀土 KID 純米大吟醸 Shibata's be fresh!”が新入荷。

DSC_4941 紀土 KID 純米大吟醸 Shibata's be fresh! 
 ¥3,400.-(1.8L、税抜)【新入荷】

 綺麗かつ飲み飽きしない日本酒の王道を
 行く味わいを楽しめる、“紀土 KID 純米吟醸”。
 非常に多くの飲み手に対して、飲みやすく、
 素直においしいと感じられる、わかりやすい酒質で
 人気の銘柄として存在感をアピールしています。
 
 今回の“紀土”は、杜氏スペシャル。“Shibata's”の
 言葉の如く、柴田英道杜氏が求めたその味わいを
 無濾過生原酒の純米大吟醸として表現しました。

 酒米の王様〈山田錦〉を50%まで精米し、低温で
 ゆっくりとした発酵により、鮮烈な岩清水の如き、
 派手さはないがインパクトある日本酒に仕上げて
 います。味・香りともに、非常になめらか。
 それでいて主張はするけど、くどくない。喉を滑り
 落ちた後のキレの良さが、スイスイと美味しく、
 盃を進ませてくれます。『紀州の風土』を感じつつ
 お飲み頂きたい、味わい溢れる1本といえます。



義侠 純米無濾過生原酒 槽口直詰(2018年01月18日)

愛知県愛西市の「山忠本家酒造」より“義侠 純米無濾過生原酒 槽口直詰”が新入荷。
 
DSC_9001  義侠 純米無濾過生原酒 槽口直詰【新入荷】
 ¥3,000.-(1.8L、税抜)

 最高の酒造好適米である兵庫県特A地区
 東条町産の〈山田錦〉に徹底的にこだわり、
 腰のある濃醇でダイナミックな酒で多くの
 飲み手を魅了する銘酒“義侠”。その「山忠本家
 酒造」よりとっておきの新商品が入荷しました。
 
 人気の“義侠 純米原酒60%”を新年1/15(月)に
 搾り
、すぐに瓶詰め。1/16(火)に蔵元より
 発送され、翌日1/17(水)に当店へ配送された、
 まさに搾りたて。今まで蔵人のみしか味わうこと
 ができなかった一番搾りの新酒を味わうえます。

 “義侠”の純米らしい幅と厚みのある味わいが口中で
 広がります。その優れた醸造技術によって造られた
 純米無濾過生酒。フレッシュ感が最高に美味い!
 限定700本のみ瓶詰めされた、超限定の1本。

 ぜひこの機会をお見逃しなく、お楽しみください!



天青 特別本醸造 風露天青 にごり酒(2018年01月12日)

神奈川県茅ヶ崎市の「熊澤酒造」より“天青 特別本醸造 風露天青 にごり酒”が新入荷。

DSC_0009.JPG  天青 特別本醸造 風露天青 にごり酒【新入荷】
 ¥2,500.-(1.8L、税抜)

 首都圏のお酒としては、随一の人気を誇る
 “天青”。その実力は、すでに多くの熱狂的な
 ファンがいることからも折り紙つきです。

 今回、入荷してきたのは、“天青”の中でも
 人気のたかい“風露天青 にごり酒”。もともと
 “天青”を取り扱う特約酒販店が集まった際に、
 ファンの声として仕込みをお願いし仕込みが
 はじまった“にごり酒”です。火入れの
 “にごり酒”の為、落ち着いた安定感があり、
 “天青”特有のらしい爽やかさと相まって、
 知らず知らずに盃の進むような、呑みやすい
 “にごり酒”となっています。そして、特に皆さんに
 ご紹介したいのは、この“にごり酒”の燗酒。

 燗を付けると、非常にまったりとしたやさしい
 味わいが際立ち、疲れを芯から癒してくれます。
 ぜひ、みなさんにお飲み頂きたい“にごり酒”です!



白隠正宗 愛国 生もと純米酒(2018年01月12日)

静岡県沼津市の「高嶋酒造」より“白隠正宗 愛国 生もと純米酒”が新入荷。

DSC_2061  白隠正宗 愛国 生もと純米酒【新入荷】
 ¥2,600.-(1.8L、税抜)

 〈愛国〉とはなんぞや?聞き慣れないというか、
 少なくともお酒の世界の中では、あまり聞いたこと
 が無い言葉〈愛国〉。実は〈愛国〉は酒米の名前。

 かつて〈神力〉、〈亀の尾〉とともに水稲3大
 品種とうたわれた大変実力のある酒米〈愛国〉。
 その誕生は宮城県館矢間村の蚕種家本多三学が
 明治22年に静岡県青市村(現在の南伊豆町)の
 同行者から取り寄せた種子を、篤農家の窪田
 長八郎が試作したことからはじまりました。当初は
 無名でしたが、明治25年になり〈愛国〉と命名。
 どうやらこの取り寄せた種子は〈身上早生〉という
 米だったようですが、独自の育成を続けるに至り、
 多収が見込める〈愛国〉へと変化したようです。

 こちらの〈愛国〉はその原点でもある南伊豆町産の
 ものを全量に使用。しっかりと味がありながら、
 非常にまろやかな仕上がりとなっています。古の
 米へのロマンとともに盃を傾けるのも一興かと。



ゆきの美人 純米吟醸 しぼりたて生(2018年01月12日)

秋田県秋田市の「秋田醸造」より“ゆきの美人 純米吟醸 しぼりたて生”が新入荷。

DSC_2603-crop  ゆきの美人 純米吟醸 しぼりたて生【新入荷】
 ¥2,700.-(1.8L、税抜)

 全国でも有数の酒どころとして古くから知られる
 秋田県。その中心である秋田市の、そのまた
 中心に位置するのが「秋田醸造」。一見、本当に
 酒造りをしているのか、と疑ってしまいそうな蔵の
 外見。しかし、その蔵内には最新の醸造技術と
 伝統に培われた人の手による経験が絶妙に
 マッチングし、すばらしいお酒が醸されています。

 この“純米吟醸しぼりたて”は、麹米に〈山田錦〉
 そして掛米に秋田県産〈酒こまち〉を使用。
 穏やかで上品な吟醸香と爽やかで張りのある酸が
 あいまって、たおやかな味わいが感じられます。

 しぼりたての持つフレッシュ感と、ジューシーな
 米のうま味が口中に広がります。幅広い食事に
 合わせやすい、食卓の料理をより一層楽しませて
 くれる1本。製造石数は約300石、秋田県内でも
 最も小さい蔵元が醸す美酒をぜひお楽しみ下さい。



英君 純米吟醸 緑の英君 無濾過生原酒(2018年01月11日)

静岡県由比町の「英君酒造」より“英君 純米吟醸 緑の英君 無濾過生原酒”が新入荷。

DSC_8948  英君 純米吟醸 緑の英君 無濾過生原酒
 ¥3,200.-(1.8L、税抜)
【新入荷】

 新緑の季節が待ち遠しい今日この頃。
 新緑より一足早く、お待ちかねの“緑の英君
 無濾過生原酒”が今年も新入荷。

 400Kの小仕込みで丁寧に醸した純米吟醸。
 林檎や洋ナシのような上品で明るい芳香、
 そしてしっかりした酸がお酒全体の味を
 引き締めています。穏やかで綺麗、そして
 上品な旨みが口中に広がります。

  「英君酒造」は創業明治14年、日英修好
 通商条約締結と徳川の英でた君主にちなんで命名。
 南部杜氏・粒来保彦氏の熟練した技術と蔵元の
 情熱により全国新酒鑑評会でもたびたび入賞の
 誉たる静岡県中部の実力蔵。ぜひこの季節に
 食事と共にお飲みいただきたい1本です。



鳳凰美田 純米吟醸愛山 Black Phoenix(2018年01月11日)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 純米吟醸愛山 Black Phoenix”が新入荷。

DSC_3865 鳳凰美田 純米吟醸愛山 Black Phoenix
 ¥3,400.-(1.8L、税抜)
【新入荷】

 永遠の時を生きるといわれ古来より伝説の鳥
 フェニックス“phoenix”。暗闇に突然現れて、
 絢爛に輝き、また闇に消えていく不死鳥。
 そんなイメージで醸されたお酒が、こちらの
 “Black Phoenix”。原料米には酒米“愛山”を
 使用した、贅沢かつ稀少性の高い“鳳凰美田”。

 やわらかで芳醇なうま味は〈愛山〉ならでは。
 〈愛山〉の魅力を存分に発揮。控えめながら
 マスカットやサクランボを思い浮かべる吟醸香。
 適度な酸が味わいの輪郭を形成し、すべての
 味わいをキュッと引きしめています。数ある
 ”鳳凰美田”の中でもパーフェクトなバランス。
 感動の一品へと仕上がっている1本です。

 味わいのふくらみ、お米の優しさ、香り、質感
 など日本酒の素晴らしさを十分に堪能することが
 できる稀有な日本酒です。“鳳凰美田”を醸す
  「小林酒造」の技術の粋を詰め込んだ逸品です!



宝山 芋麹全量(2018年01月11日)

鹿児島県日置市の「西酒造」より芋焼酎“宝山 芋麹全量”が新入荷。

DSC_0025_edited.JPG  宝山 芋麹全量【新入荷】
 ¥3,667.-(1.8L、税抜)


 『一麹、二もと、三造り』とは、古くから
 酒造りの世界で言われる重い言葉。その言葉の
 如く酒の出来上がりは麹造りにより大きく
 左右されます。こちらの“宝山 芋麹全量”は米の
 代わりに芋に麹菌を植え付けて麹を造った、
 まさに100%黄金千貫、『芋全量』です。

 こうばしい芋の香りがふわっと立ち上がり、
 口に含むと芋本来の甘味と旨味がやわらかく
 広がる、濃醇な味わいの限定芋焼酎。
 芋の凝縮感というべきか、芋の濃厚なコクが
 ついつい盃を進めさせ、さらに後味の余韻が
 はんなりと感じられる、そんな焼酎です。

 洞爺湖サミットの晩餐会でも各国の首脳に
 振る舞われたのが、この“宝山 芋麹全量”。
 芋焼酎の上品さを存分に感じられる逸品です。



群馬泉 特別本醸造 初しぼり(2018年01月11日)

群馬県太田市の「島岡酒造」より“群馬泉 特別本醸造 初しぼり”が新入荷。

DSC_3831 群馬泉 特別本醸造 初しぼり【新入荷】
 ¥3,100.-(1.8L、税抜)

 9年前に蔵を全焼する火災をおった「島岡酒造」。
 たいへんな状況の中、全国のファンからの励ましの
 声に後押しされ150年の伝統の味が復活しました。

 従来と同じ場所に、同種の素材を使用して再建
 された、以前とそっくりの酒蔵の姿。
 そして以前と同様、時間と手間を惜しまず
 丁寧に丁寧に人の手により醸された造り。
 滓がうっすらと絡んだこちらの“初しぼり”は
 まさに蔵の中を連想させる柔らかい香りと、
 ふくよかで張りのある味わいが特徴。

 蔵で酒を搾った時に、垂れ口から飲む酒の味に
 非常に近い状態のお酒といえるでしょう。
 その新鮮な『生きている酒』の味わい、
 蔵元の気持ちのこもった“群馬泉 初しぼり”を
 ぜひぜひ味わってください、ウマイッす!



満寿泉 純米吟醸生 LimitedEdition(2018年01月10日)

富山県富山市の「桝田酒造店」より“満寿泉 純米吟醸生 LimitedEdition”が新入荷。

DSC_0008.JPG  満寿泉 純米吟醸生 LimitedEdition【新入荷】
 ¥2,728.-(1.8L、税抜)


 こちらの“満寿泉”、『見たことないよー!』と
 いう声が聞こえてきそうですが、実は今期
 6期目の造りとなる、ものすごい純米吟醸。 

 昭和40年代の吟醸酒がまだ世に受け入れ
 られていない時代より、ハイリスクを承知の
 上で『吟醸の満寿泉』として全国の蔵元の
 目標として名を馳せてきた「枡田酒造店」。

 その“満寿泉”の伝統+革新の酒として、
 満を持して登場してきた“満寿泉 純米吟醸生
 LimitedEdition”。全量を〈山田錦〉発祥の地、
 兵庫県多可郡多可町産の契約栽培による
 〈山田錦〉を使用。55%まで磨き、丁寧に
 仕込みました。穏やかな味わいとフレッシュで
 爽やかなインパクトの絶妙のバランス、
 それこそがこのお酒の最大の特徴、最大の
 魅力!非常に緻密で心地よい、飲み飽き
 ないお酒は、今期の注目の的、まちがいなし!



H.森本 特別純米 五百万石 槽搾り生原酒(2018年01月10日)

静岡県菊川市の「森本酒造」より“H.森本 特別純米 五百万石 槽搾り生原酒”が新入荷。

DSC_7972  H.森本 特別純米 五百万石 槽搾り生原酒
 ¥2,700.-(1.8L、税抜)【新入荷】

 全国的にも評価の高い静岡酒の中でも、
 ひときわ特徴的で孤高の静岡酒として
 県内で人気の高い「森本酒造」の“小夜衣”。
 森本社長兼杜氏と息子さんで酒造りから
 販売までを行う、小さな小さな蔵元ですが、
 その隠れ酒ともいうべき希少なお酒が、
 “H.森本”。そのものズバリの名こそ自信の表れ。

 こちらの“H.森本 槽搾り生原酒”は、今年の
 「森本酒造」の仕込み1号タンクを槽(ふね)で
 搾ったとっておきの新酒。穏やかでふくよかな
 香り、口中でのシャープな透明感と、後口の
 やわらかさ。そしてもちろん新酒特有の
 フレッシュで爽やかな味わい。日本酒が持つべき
 様々な特徴、様々な長所が、微妙なバランスの
 上で成り立っている稀有な新酒といえます。
 静岡酒らしさの中に、しっかりとした意志を
 感じる「森本酒造」の“H.森本”。静岡県内は
 もちろん、県外の方にお呑みいただきたい1本!



庭のうぐいす 特別純米 しぼりたて(2018年01月09日)

福岡県久留米市の「山口酒造場」より“庭のうぐいす 特別純米 しぼりたて”が新入荷。

DSC_7893  庭のうぐいす 特別純米 しぼりたて【新入荷】
 ¥2,450.-(1.8L、税抜)

 福岡県南部を流れる九州一の大河・筑後川は、
 古くより地域に恵みを与え、文化を育み、人々を
 見つめてきました。その大量で清らかな水は、
 良質な米を育て、筑後地方は、後に日本三大
 酒処といわれる程、多くの酒造場を送り出し、
 今でも良質のお酒を育んでくれています。

 今回の“庭のうぐいす”は、筑後川と共に酒造りを
 営む「山口酒造場」自信の新酒。定番酒として
 人気の高い“特別純米”の無濾過生酒バージョン。

 新酒らしいフレッシュな香りと甘み、酸味が、
 絶妙に調和した、ジューシーな味わいが特徴。
 爽快ですがすがしい味わいを、全身で感じつつ、
 お楽しみいただけること請け合いです!

 創業以来、『もう一杯』とおかわりしたくなる、
 そんなお酒を追求する「山口酒造場」の心意気。
 年に1度、1200本のみ出荷の限定生酒です!



蒼空 純米生酒 美山錦(2018年01月07日)

京都府京都市の「藤岡酒造」より“蒼空 純米生酒 美山錦”が新入荷。

DSC_7991  蒼空 純米生酒 美山錦【新入荷】 
 ¥3,000.-(1.8L、税抜)

 派手さはないけれど、飲んでホッとできる、
 食事に合うお酒として人気の京都・伏見の“蒼空”。

 平成6年9月に三代目藤岡義文氏が急死、そして
 平成7年の阪神大震災による被害が重なり、
 翌平成8年に「藤岡酒造」の歴史は一旦幕を
 閉じました。「なんとかもう一度お酒を造りたい…」
 という情熱ほとばしる五代目蔵元の藤岡正章氏が
 平成14年に「藤岡酒造」を再生。苦労を重ねつつ、
 実力を積み上げ、当代人気のお酒となりました。

 こちらの“蒼空 純米生酒 美山錦”は、酒米
  〈美山錦〉を60%精米。“蒼空”の王道をいく、
 定番純米酒のしぼりたて生バージョン。
 年に1度の発売、今しか手に入らない1本。
 口に含むと若々しさの中にマスカットのような
 味わいがフワッと広がります。喉を通った後の
 キレも爽快。ぜひお飲み頂きたい新酒の“蒼空”です!



くどき上手 純米大吟醸しぼりたて(2018年01月06日)

山形県鶴岡市の「亀の井酒造」より“くどき上手 純米大吟醸しぼりたて”が新入荷。

DSC_7872  くどき上手 純米大吟醸しぼりたて【新入荷】
 ¥2,900.-(1.8L、税抜)
 ¥1,450.-(720ml、税抜)

 こちらも年に1度の限定出荷の“しぼりたて”。
 待ちくたびれたという声も多く聞こえてきます。
 “くどき上手 純米大吟醸しぼりたて”は、特等の
 酒造好適米〈出羽の里〉を48%まで磨き上げ、
 小川10号酵母にて仕込んだ酒。調整濾過をせずに
 まさに“しぼりたて”の味わいをお届けしています。

 以前は〈美山錦〉を使用した純米吟醸として
 出荷されてきましたが、4年前より純米大吟醸に
 リニューアル。フレッシュかつ繊細な飲み口の
 中に、瑞々しい吟醸香、そして程よい旨味を感じる
 ことができます。新酒の荒さもきわめて少なく、
 酵母の特徴を生かした、軽やかで綺麗なお酒です。

 これだけ好評でも、進化に対して貪欲に攻め続ける
 「亀の井酒造」。年1度の出荷。完売すると、
 味わえるのは来年の造り。お早めにお求めを!



神雷 純米酒八反錦 うすにごり(2018年01月06日)

広島県神石高原町の「三輪酒造」より“神雷 純米酒八反錦 うすにごり”が新入荷。

DSC_4727  神雷 純米酒八反錦 うすにごり【新入荷】
 ¥2,800.-(1.8L、税抜)

 広島といえば、それほど寒冷なイメージは
 ないのですが、こちらの銘酒“神雷”を、
 古来より脈々と醸し続ける「三輪酒造」が
 蔵を構える神石郡神石高原町。なんと年間の
 平均気温が青森市と同じくらいという、中国
 山脈屈指の厳しい気候。しかし、裏を返せば
 これほど酒造りに適した場所はないわけです。

 今年の“神雷”の新酒は、仕込む米違いの2種。
 こちら”雷神ラベル”は広島県産の〈八反錦〉を
 全量に使用し、60%まで磨いた純米うすにごり。

 香り穏やか、口に含むとやさしい味わいと共に  
 味わいの輪郭となる適度な酸が全体を引き締め、
 その輪郭から滲むようにゆっくりと味わいが
 広がります。うすにごりのフレッシュ感と辛口に
 キレていく余韻が盃をすすませてくれる1本です!



白隠正宗 誉富士 純米生原酒(2018年01月06日)

静岡県沼津市の「高嶋酒造」より“白隠正宗 誉富士 純米生原酒”が新入荷。

DSC_3755 白隠正宗 誉富士 純米生原酒【新入荷】
 ¥2,800.- (1.8L、税抜)

 静岡県の農業試験場が育成した酒造
 好適米の新品種〈誉富士〉。その〈誉富士〉と
 静岡酵母で仕込んだお酒が静岡県東部・
 沼津市の「高嶋酒造」より新入荷しました。

 酒造好適米の王様“山田錦”の変異から
 得られた品種で、品質的にも“山田錦”と
 似る部分が多いと言われる〈誉富士〉。
 「高嶋酒造」ではすでに柱となる酒米として
 〈誉富士〉を使用し、県内でも有数の量を
 仕込む、いわば〈誉富士〉マイスターです。

 爽やかな果実香と繊細でやさしい米の旨味が
 味わえ、キレがあって軽快、バランスのよい
 純米酒に仕上がっています。秋には山廃の
 “ひやおろし”での出荷予定もありますが、
 生原酒での“誉富士”も、ぜひお見逃しなく!



悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生(2018年01月02日)

香川県琴平町の「丸尾本店」より“悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生”が新入荷。

DSC_3912 悦凱陣 純米吟醸 興 うすにごり生【新入荷】
 ¥3,900.-(1.8L、税抜)

 遂に登場、“悦凱陣”の生原酒、今年の1番酒。
 待ちに待ったという表現がぴったりはまる
 とっておきの新酒に仕上っています。

 新酒らしいフレッシュ感はもちろん、酸味と
 甘味、旨味のバランスが絶妙の世界を
 醸し出しています。“うすにごり”と銘打たれて
 いますが、この29BYは本当にうっすらした
 滓が絡む程度。透かしてみてやっとわかる
 くらいです。それでいて、味には濃厚な米の
 旨みが凝縮されている感じがします。

 上品かつインパクト溢れるその旨さは、きっと
 皆さんの五感を刺激して、衝撃的な“悦凱陣”の
 イメージを残してくれることでしょう。今年も
 「丸尾本店」、そして“悦凱陣”に要注目です!



寫樂 純愛仕込純米吟醸 おりがらみ(2018年01月02日)

福島県会津若松市の「宮泉銘醸」より“寫樂 純愛仕込純米吟醸 おりがらみ”が新入荷。

DSC_8005  寫樂 純愛仕込純米吟醸 おりがらみ【新入荷】
 ¥3,300.-(1.8L、税抜) 

 今や日本中に知られる『白虎隊』。明治維新の
 時代の大きな流れの中で、故郷・会津を守るという、
 純粋な気持ちで戦場に赴いた、少年たちの悲劇は、
 時代を超えて共感する人を誘い、鶴ヶ城、そして
 自刃した飯盛山には今なお多くの方が訪れます。
 そんな会津若松・鶴ヶ城の脇に蔵を構える
 「宮泉銘醸」から蔵元自信の“寫樂 純愛仕込
 純米吟醸 おりがらみ”が新入荷してきました。

 いわゆる『しぼりたて うすにごり』となるこちらの
 “寫樂”。薄くにごったお酒には、旨みがしっかりと
 含まれていますが、反面繊細なフレッシュさも
 感じられます。喉を転がり落ちた後のキレは抜群で
 “寫樂”に共通する特徴のひとつといえます。

 米、酒、人を愛し、また誰からも愛される酒を
 目指す。そんな宮森社長の『純愛仕込』の精神が
 ほとばしる“寫樂”気合いのしぼりたてです。



義侠 純米大吟醸 慶(2018年01月02日)

愛知県愛西市の「山忠本家酒造」より“義侠 純米大吟醸 慶”が新入荷。

DSC_7231  義侠 純米大吟醸 慶(よろこび)【新入荷】
 ¥ 6,000.-(720ml、税抜)

 良質の〈山田錦〉が栽培される地域として
 最高ランクの特A地区に指定される兵庫県
 東条町産の〈山田錦〉。その〈山田錦〉を
 40%まで磨き上げ、蔵の全ての力を注ぎ込み
 醸し、更に3年以上熟成させ、ブレンドの後に
 瓶詰めされたものが、“義侠 純米大吟醸 慶”。

 独自性溢れる幅と奥行きのある複雑な味わいに
 魅せられたお酒好きに、ぜひお飲みいただきたい
 1本。販売店も限られているため、“義侠”の中でも
 希少性が高い酒の一つに数えられています。

 熟成酒のブレンドという新しい型を造りあげた
 “義侠”。そのスタイルによって、究極の酒造りを
 目指す“義侠”が世に問う逸品といえます。
 年末に一回のみ出荷される限定酒です。



義侠 純米生原酒滓がらみ 山田錦60%(2017年12月31日)

愛知県愛西市の「山忠本家酒造」より“義侠 純米生原酒滓がらみ 山田錦60%”が新入荷。

義侠滓からみ  義侠 純米生原酒滓がらみ 山田錦60%【新入荷】
 ¥3,000.-(1.8L、税抜)

 最高の酒造好適米である兵庫県特A地区
 東条町産の〈山田錦〉に徹底的にこだわり、
 腰のある濃醇でダイナミックな酒で多くの飲み手を
 魅了する銘酒“義侠”の“純米生原酒滓がらみ”。

 上質な米の旨みを最大限に引き出した造りは、
 他の蔵からも目標とされる程に洗練されています。
 この後滓引きした60%も出荷されますが、今年の
 “義侠”の〈山田錦〉第1弾が、こちらのお酒です。

 “義侠”の純米らしい幅と厚みのある味わいが口中で
 広がります。その優れた醸造技術によって造られた
 純米無濾過生酒は、味わいが前面に出た味のある
 旨い酒に仕上がっています。

 この時節ならではのフレッシュ感が最高に美味い!
 わずかに絡めた滓の旨みを充分に感じてください。



寫樂 純米大吟醸 極上二割(2017年12月31日)

福島県会津若松市の「宮泉銘醸」より“寫樂 純米大吟醸 極上二割”が新入荷。

DSC_3877 寫樂 純米大吟醸 極上二割【新入荷】
 ¥20,000.-(720ml、税抜) 

 今や日本中に知られる『白虎隊』。明治維新という
 時代の流れの中で、故郷・会津を守るという、
 純粋な気持ちで戦場に赴いた、少年たちの悲劇は、
 時代を超えて共感する人を誘い、鶴ヶ城、そして
 自刃した飯盛山には今なお多くの方が訪れます。

 そんな会津若松・鶴ヶ城の脇に蔵を構える
  「宮泉銘醸」から蔵元自信のフラッグシップ、
 “寫樂 純米大吟醸 極上二割”が新入荷です。
 人気の“寫樂”を醸す「宮泉銘醸」の最高峰の
 日本酒。使用米には、酒造好適米の中でも最高
 品種の特A地区兵庫県六甲産〈山田錦〉を使用。
 精米歩合は「宮泉銘醸」史上最高の20%まで
 磨き上げ、磐梯山系の伏流水で厳寒期に仕込んだ
 逸品。華やかな立ち香に加え、口の中に入れると、
 まるで果実のような含み香が特徴的。盃を乾すと
 同時に、次の一杯を求めてしまう稀有な1本です!



夜明け前 純米吟醸生一本 しぼりたて(2017年12月31日)

長野県辰野町の「小野酒造店」より“夜明け前 純米吟醸生一本 しぼりたて”が新入荷。

DSC_8918  夜明け前 純米吟醸生一本 しぼりたて【新入荷】
 ¥3,000.-(1.8L、税抜)

 例年人気の“夜明け前”のしずく採り。
 標高810mの山合いの宿場町辰野町の
 冬の朝は、毎日氷点下10℃以下になることも! 
 そんな恵まれた環境の中、近年は、今までの
 『南部杜氏』の良さ、流れを引き継ぎつつ、
 社員杜氏と平均年齢30台の若い蔵人に
 よる酒造りを行い、大変高い評価を得ています。

 こちらの“夜明け前 純米吟醸生一本 しぼりたて”は
 フレッシュな荒々しさも含みつつ、味わい自体は
 非常にやわらかいバランスの良いしぼりたての新酒。
 爽やかさ溢れる中に、しとやかな個性を感じます。

 心地よい香りとスッキリした喉ごし、そして“夜明け前”
 の新酒らしいフレッシュ感。人気の秘訣を再認識
 させられました。年末限定出荷の希少な日本酒です。



南部美人 あわさけ スパークリング(2017年12月31日)

岩手県二戸市の「南部美人」より“南部美人 あわさけ スパークリング”が新入荷。

DSC_3886 南部美人 あわさけ スパークリング【新入荷】
 ¥5,000.-(720ml、税抜)


 岩手を代表する銘酒“南部美人”が、満を持して
 スパークリング系の発泡酒を発表。その名も
 ズバリ“南部美人 あわさけ スパークリング”。
 気持ちいいシュワシュワの飲み口が楽しめる、
 美味しいスパークリング日本酒の登場です。

 微細な泡、爽やかな酸味と華やかな香り、
 きれいですっきりとした味わいのスパークリング。
 炭酸の泡が口の中で心地よく弾けるとともに、
 しっかりした純米酒の味わいも楽しめる1本。
 口の中ではじける泡の秘密は“瓶内二次発酵”。
 瓶の中に発酵過程で生じたガスを閉じ込めました。

 食前酒としてもお勧めですが、濃厚なお料理や、
 スパイシーなお料理、また、フルーツなどの
 デザートとにあわせていただくのもオススメ!
 “南部美人”の上品な味わいをお楽しみください!



國権 垂れ口純米生原酒(2017年12月30日)

福島県南会津町の「国権酒造」より“國権 垂れ口純米生原酒”が新入荷。

DSC_0004_edited.JPG  國権 垂れ口純米生原酒【新入荷】
 ¥2,700.-(1.8L、税抜)

 会津の山深く、南会津町の銘酒蔵「国権酒造」。
 今年も11月半ばには細井専務が『もう雪が
 降りましたよっ!』なんて電話で話してました。

 そんな豪雪、極寒の地だからこそできる時間を
 掛けた低温発酵により丁寧に醸される“國権”。
 例年、大人気の“垂れ口”が遂に入荷しました。 

 “垂れ口”とは、槽(ふね・酒を搾る機械)から
 垂れてくる酒。酸のメリハリを出す為、9号酵母を
 使用し、生酒のフレッシュ感と甘み、酸の
 バランスが絶妙。新酒としてのおもしろさ、旨みを
 十分に堪能できるお酒に仕上がっています。

 新酒のおもしろさ、“國権”の特徴を充分に楽しめる
 お酒といえます。ぜひ雪深い奥会津の風土を新酒の
 味と共に思い描いてご堪能いただきたい1本です。



鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 赤判(2017年12月30日)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 赤判”が新入荷。

DSC_3781 鳳凰美田 純米大吟醸無濾過本生 赤判【新入荷】
 ¥5,000.-(1.8l、税抜)

 創業明治5年(1872年)。今や栃木を代表する
 銘酒として年々進化してきた″鳳凰美田”を醸す
 「小林酒造」。10数年前は廃業も考えたという
 小さな小さな蔵元でしたが、小林専務の熱い
 情熱と、工業技術センター醸造部の先生として
 活躍していた奥様の2人の才能が結集。さらに
 蔵人それぞれの高い意欲により、平成の銘酒と
 して、全国でも指折りのお酒に躍進してきました。

 通称“赤判”とよばれる、真っ赤なラベルの“鳳凰
 美田”。兵庫県西脇産の〈山田錦〉を40%精米。
 純米大吟醸酒の気品ある香りと滑らかさを存分に
 楽しむことができる1本。芳香に富んだメロンの
 ような華やかで高級感のある吟醸香。口に含むと、
 爽やかかつキレイな味わいが、飲み手を魅了して
 くれます。味わいの膨らみ、お米の優しさや甘味、
 雅な質感など、日本酒の素晴らしさをより感じて
 頂ける芸術品ともいえる極上の“鳳凰美田”です!



明鏡止水 純米 日本の冬(2017年12月30日)

長野県佐久市の「大澤酒造」より“明鏡止水 純米 日本の冬”が新入荷。

DSC_3832 明鏡止水 純米 日本の冬【新入荷】
 ¥2,400.-(1.8L、税抜)

 北に浅間山、南に蓼科山を見張らせる長野県
 東部の古き街、佐久市。豊富な米、良質の水に
 恵まれ自然環境を存分に生かすことのでき
 絶好のロケーションに「大澤酒造」はあります。

 “明鏡止水 純米 日本の冬”は、長野県産
  〈美山錦〉を60%まで精米。蔵内培養の
  〈長野酵母〉で醸した純米酒。冬にぴったりな、
 口あたりやさしく口中を通り抜け、米の旨味も
 感じられる『うっとり』するような冬純米です。

 ひと昔の日本の原風景を描いた郷愁あふれる
 ラベルが、忘れかけていた日本の冬を
 思い出させてくれます。このラベルとお酒の
 味わいがシンクロするのが、このお酒のいい
 トコロ!思わずにっこり、ホッコリと盃がすすむ
 『日本の冬』にふさわしい日本酒といえます!



手取川 冬 純米辛口 生(2017年12月30日)

石川県白山市の「吉田酒造店」より“手取川 冬 純米辛口 生”が新入荷。

DSC_0002_edited.JPG  手取川 冬 純米辛口 生【新入荷】
 ¥2,600.-(1.8L、税抜)

 吟醸王国、石川県を代表する名醸酒“手取川”。
 当店では、全国でも数店舗の特約店のみしか
 取り扱いのない特別限定酒“大吟醸生 男の夢”が、
 レギュラー酒として大きな人気を誇っています。

 その「吉田酒造店」より“冬 純米辛口”が新入荷。
 麹米に兵庫県三木産〈山田錦〉、掛米に地元・
 石川県白山市産〈五百万石〉。どちらもこの秋に
 収穫されたばかりの新米で辛口の純米酒を
 仕込んだしぼりたて生原酒です。新酒の爽やかな
 香りと滑らかで深みのある味わいが特徴。
 スキッとキレのある味わいの後に、じわっと
 こみ上げるような旨みが湧きあがってきます。

 例えてみれば、春を待つ白うさぎの親子のような
 優しさ溢れる味わいの日本酒といえます。
 豪雪地帯である白山の深々と積もる雪。そんな
 北陸の冬を思いつつお飲みいただきたい1本です。



秋鹿 純米吟醸にごり生酒 霙もよう(2017年12月30日)

大阪府能勢町の「秋鹿酒造」より“秋鹿 純米吟醸にごり生酒 霙もよう”が新入荷。
【活性酒の為、瓶内にガスが含まれています。 開詮には充分にご注意くださいませ。】

DSC_3850 秋鹿 純米吟醸にごり生酒 霙もよう【新入荷】
 ¥3,200.-(1.8L、税抜)
 ¥1,750.-(720ml、税抜)

 緑豊かな山里、田園風景の美しい大阪府
 能勢町にて、『米作りから酒造りまで』の
 『一貫造り』で純米酒のみ醸す蔵元「秋鹿酒造」。

 ワイン造りでは『ドメーヌ』と呼ばれ一般的な
 農家兼蔵元。そんな米作りを営む蔵元は、
 全国的にも増えていますが、そんな中でもまさに
 パイオニアという言葉が相応しい、地に足ついた
 米作り、酒造りを行い、いまや『秋鹿酒造』は
 全国の蔵元の注目の的となっています。

 こちらの新酒、“秋鹿 純米吟醸にごり生酒
 霙(みぞれ)もよう”は、米の旨みがたっぷりの
 味わい。香りも上品で清楚な中に、奥ゆかしい
 華やかさが顔を出してくれます。そして秋鹿に
 共通する爽やかな余韻。発泡にごり酒というより
 和製シャンパーニュにふさわしい逸品です。



鳳凰美田 いちご(2017年12月30日)

栃木県小山市の「小林酒造」より“鳳凰美田 いちご”が新入荷。

DSC_3583 鳳凰美田 いちご【新入荷】
 ¥1,400.-(500ml、税抜)

 もはや日本酒の世界では、その美味しさの
 定評は揺るぎないものとなった、栃木の銘酒
 ″鳳凰美田”。その「小林酒造」のもうひとつの
 顔が、絶対的な存在感を誇るリキュールの世界。
 この分野でも、受け継がれる伝統の技術により、
 ″鳳凰美田”らしい風味豊かな味わいの数々の
 リキュールが、連綿と生み出されています。
 
 こちらの“鳳凰美田 いちご”は、栃木県産の
  〈とちおとめ〉を全量に使用し、″鳳凰美田”の
 吟醸酒で漬け込んで造られた秘蔵のいちご酒。
 いちごの香りや甘味だけでなくイチゴ本来の質感や
 果実感まで、自然なままの姿をそのままに表現
 された自信作。日本酒製造に使用する麹の持つ、
 酵素の働きによりいちごの細胞膜を破砕せずに
 液状化。それによって、いちごを生の状態で
 瓶詰めすることが可能となりました。今までの
 いちごリキュールとは一線を画す甘酸っぱい、
 いちごリキュール。思わずうっとりする逸品です。